春から始めようUVケアを紹介している健康ニュース2005年4月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2005年4月の健康ニュース

春から始めようUVケア

2005年4月の健康ニュース

寒い冬が終わると、ぽかぽかとした穏やかな春の日差しに誘われ、外に出る機会が多くなってきます。しかし、注意したいのが、この時期からの紫外線。知らないうちに、あなたの肌にダメージを与えてしまいます。
紫「害」線に注意を!
紫外線は波長が長い順に、UVA、UVB、UVCに分類されます。紫外線のエネルギーは、波長が短いほど強いのですが、UVCはオゾン層にブロックされて地表には届かず、UVBとUVAが地表に達して、皮膚に影響を及ぼします(図1、表1)

図1 皮膚の構造
表1 UVAとUVB
  UVA(生活紫外線) UVB(レジャー紫外線)
波長 320nm〜400nm 290nm〜320nm
作用部位 表皮と真皮 表皮
皮膚への影響 黒くなる日焼けを起こす
(サンタン)
赤くなる日焼けを起こす
(サンバーン)
浸透性 雲や窓ガラスも透過する
ため曇りの日や屋内でも
注がれる
ガラスはほとんど透過
しない
海水浴などで、強い紫外線を急激に浴びると、肌は赤く炎症(サンバーン)を起こし、ひどくなると水疱ができるなど、軽いやけどのような状態になります。また数日後には、黒く色素沈着(サンタン)を起こします。
しかし紫外線による肌へのダメージは、それだけではありません。
浸透率が高いUVAは、真皮層にまで達し、ジワジワと、肌の弾力をつくるコラーゲンやエラスチンを変性させてしまいます。このため皮膚は弾力を失い、シワやたるみを引き起こします。これを「光老化」といいます。
顔や手と比較して、ほとんど紫外線の当たらないお尻の皮膚は、シミやシワも少なくスベスベしていませんか?
これは、普段紫外線を浴びることの少ないお尻の皮膚は、顔や手に比べて、紫外線による光老化が進んでいないからです。
このように、紫外線は皮膚の老化を進めたり、また、細胞に影響して免疫力を低下させたり、皮膚細胞のDNAを傷つけて、皮膚がんを誘発する恐れもある、まさに紫「害」線なのです。

シミ・ソバカスの発生メカニズム
皮膚には、もともと紫外線を防御する仕組みがあります。それが、表皮と真皮の境目にある「メラノサイト」という細胞で作り出される、「メラニン」という色素です。(図2)メラニンは、紫外線を浴びると自らを酸化させて黒くなることによって、皮膚細胞が酸化されることを防ぎます。

図2 メラニン生成工場「メラノサイト」

メラニン色素は、通常は表皮のターンオーバーによって押し上げられ、角質となって剥がれ落ちますが、紫外線を浴び続けると、メラニン色素が表皮内に残ってしまい、これがシミ・ソバカスの原因になるのです。

紫外線ブロックだけでいいの?
光老化など、さまざまなダメージを与える紫外線から肌を守り、健康的な美しい肌にするためには、まず、紫外線に当たるのを防ぐことが基本です。
帽子や日傘を利用したり、日差しの強い時間帯(10時〜14時)の外出はできるだけ避けるなどして、直射日光に当たるのを避けましょう。その上で、スキンケアとして日焼け止めを塗ることがすすめられます。
選ぶポイントは「低刺激」「高保湿」です。
日焼け止めの成分には、紫外線を吸収して、化学的に熱に変える「紫外線吸収剤」と、肌表面で紫外線をはね返す「紫外線散乱剤」があります。一般に、吸収剤は肌への刺激になりやすいといわれますので、肌の弱い人は避けた方がよいでしょう。
一方で散乱剤には、散乱剤同士が凝集しやすいという欠点があり、これを改善するため、よく界面活性剤が使われます。しかし、最近では界面活性剤なしで安定配合でき、さらに、散乱剤を肌表面に均一に分布させる技術も開発されています。
こうしたものなら、肌の弱い人も安心して使え、汗や皮脂によるムラが少なく、紫外線カット効果を長く保てるでしょう(図3)。

また、「乾燥」によりあれた角質層では、日焼け止めもムラになりやすいので、日焼け止めには、保湿効果を併せ持ったものを選ぶのがより効果的です。
同時に、セラミドなどの入った保湿剤をスキンケアに取り入れることも、よい方法といえるでしょう。

表2日焼け止めの効果を表すSPFとPA
SPF PA
UVBを防いで、日焼けでサンバーンを起こし
はじめる時間を、日焼け止めを塗ることで、
何倍に延ばすことができるかを示す。
UVAによるサンタンの防止度合いを示す。
PA+ =効果がある
PA++ =効果がかなりある
PA+++=効果が非常にある

プラスアルファの効果にも注目!
日焼け止めを塗っても、紫外線を100%ブロックできるわけではありません。そこで求められるのが、侵入してしまった紫外線から肌を守る、「抗酸化」成分や、細胞の保護・修復に役立つ成分などです。こうした「サイトケア(細胞保護)」成分の働きは、最近のスキンケア製品の中でも注目されています。
外側と内側への紫外線対策は、肌の老化にブレーキをかけ、美肌を保つ上でとても重要。5月に入れば、紫外線は急激に強くなります。本格的な対策をいまからスタートさせ、健康的で若々しい素肌を保ちましょう。
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364