美しい肌は洗顔からを紹介している健康ニュース2005年6月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2005年6月の健康ニュース

美しい肌は洗顔から

2005年6月の健康ニュース

洗顔の目的は、肌を清潔に保つこと。間違った洗顔は、ニキビや肌の老化を招くなどの悪影響を及ぼします。

クレンジングの注意点
一日の生活を終えた皮膚には、さまざまな汚れが付着しています。その汚れにより、毛穴がつまって炎症を起こせばニキビになり、化学物質が付着すれば皮膚炎にもなりかねません。
化粧や日焼け止めを塗っている場合、夜の洗顔時に必ずダブル洗顔(クレンジング+洗顔)をしてください。クレンジングは洗顔料ではおちにくい化粧などの油性の汚れを落とします。
ミルク、オイルなどいくつかの種類があり、使用感で好きなものを選んで良いのですが、敏感肌や乾燥肌の場合、オイルタイプは避けた方が良いでしょう。汚れを落とす力が強くて便利ですが、べたつきを感じるため、何回も洗顔し、その結果、皮脂をとりすぎて、乾燥を招く恐れがあります。

汚れやすすぎ残しも肌の老化に!?
皮脂や化粧の油分は、空気で酸化され、「過酸化物質」になります。
過酸化物質は、表皮の細胞はもちろん、シミの元のメラノサイトを刺激したり、肌の弾力を保つコラーゲン線維にダメージを与えます。
不要な油分を残したままだと、肌の老化を早めてしまうのです。
そして、洗顔料のすすぎ残しも、肌の老化を招くことをご存知ですか?
これは肌に残った界面活性剤などの成分の水分が蒸発し、濃度が濃くなって、肌に刺激を与えるため。刺激を受けた肌は、バリア機能が低下して乾燥が進み、小じわなどにつながってしまうのです。
また、フェイスブラシでこするなどして角質層を傷つけることも、バリア機能を低下させるので要注意です。
洗顔のポイント
1、泡はたっぷり立てましょう。
  汚れは「手でこする」のではなく「泡で浮き上がらせる」ようにすること。
2、皮脂の出やすいTゾーンや、汚れのたまりやすい小鼻の脇を中心に洗顔。
  最後に頬や目元など、乾燥しやすい部分を軽く洗顔。
3、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。
  小鼻の脇、フェイスライン、髪の生え際は洗顔料が残りやすいので要注意。

大切です。洗顔後のケア
通常皮膚は弱酸性に保たれています。これは、肌に存在する「皮膚常在菌」の善玉常在菌(病原菌の侵入や繁殖を防ぐ)にとってすみやすい環境なのです。
しかし、洗浄力の強い洗顔料を使用すると、皮脂膜がとれてアルカリ性に傾いたり、角質細胞間脂質や、NMF(天然保湿因子)といった保湿成分まで溶け出して、バリア機能が低下します。すると、悪玉常在菌が繁殖し、肌トラブルがおきやすくなってしまうのです。
健康な皮膚では、皮脂などを分泌させて弱酸性に戻す働き(アルカリ中和能)がありますが、乾燥肌などの場合は、この働きが弱く、なかなか弱酸性に戻れず、刺激を受け易くなります。ですから洗顔後には、角質細胞間物質の主要成分、セラミド配合の化粧品などで保湿するといったスキンケアが不可欠です。
汚れをしっかり落として清潔な肌にすることが、スキンケアの第一歩。
正しい洗顔で、美しい肌を手に入れましょう。
うるおいのある肌 ドライスキン
セラミドの役割
1、外部刺激の皮膚への侵入を防ぐバリア機能
2、角質層の水分を保持して潤いを保つ
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364