「軽視は禁物・・めまい」を紹介している健康ニュース2006年5月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2006年6月の健康ニュース

右脇腹に激痛が・・増えている「胆石症」

2006年6月の健康ニュース

 胆石症とは、どんな病気?
胆のうや胆管といった胆汁の流れる道(胆道)にできた、胆汁成分を主体とした石を胆石といいます。胆のうにある場合には胆のう結石、胆管にある場合には胆管結石と呼ばれます。
胆石には、その構成成分によりコレステロール胆石とビリルビンカルシウム胆石などの色素胆石に大別されます。このうち70%〜80%の胆石は胆のうに、残りは胆管にできます。
日本では、ビリルビンカルシウム結石が多いとされてきましたが、欧米型の食生活への変化により、近年ではコレステロール結石が急増しています。
初発時に吐き気を伴うことが多く、頭をずっと同じ位置にしていたりすることで誘発されますが、程度は徐々に軽くなります。
胆石のできる原因は、胆石の種類によってはさまざまですが、過剰な動物性脂肪の摂取などにより胆汁の成分が変化したり、胆汁の通過障害や胆道の炎症などがあげられます。




 どのような症状が起こるの?
胆石症では、胆石発作時に生じる痛みが代表的な症状です。痛みは胆石が胆のうや胆管の出口付近で詰まることによって、急激な胆のうや胆管内圧の上昇が起こり発生します。
胆管発作時の症状としては、右脇腹からみぞおちにかけて、突然の刺すような一過性の激しい痛みが特徴的ですが、ときに痛みは胸部に達することもあります。
又、右肩や右背部への痛みを伴うこともあります。胆石があっても症状が出現しない無症状胆石もあります。
胆石保有者全体の80%は、この無症状胆石とされています。発作は通常夜間に多くみられ、原因としては脂肪の過剰摂取や過食などがありますが、過労や興奮などの強いストレスも発作の引き金となります。

 予防や改善のため、普通の生活で注意することは?
結石や発作の予防や改善のためには、脂肪の過剰摂取や過食を控え、過労やストレスをさけた生活を送ることが大切です。

 胆石症の食事療法
<控えたい食品>
 脂肪の多い食品
  天ぷら、バター、マーガリン、ドーナッツ、マヨネーズ、マカダミアンナッツ
 コレステローの多い食品
  鶏卵、鶏肉手羽、レバー、いくら、たらこ、まぐろのトロ、いか、たこ、えび、うなぎの蒲焼
  シュークリーム
 刺激物
  たばこ、アルコール、コーヒー、辛いもの
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364