「熱中症にご注意を」を紹介している健康ニュース2006年7月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2006年7月の健康ニュース

「熱中症」にご注意を

2006年7月の健康ニュース
夏は、レジャーやスポーツを楽しめる反面、暑さにより体調を崩しやすくなります。その代表的な病気が「熱中症」です。

 熱中症とは?
人間のからだは、汗をかくことで余分な熱を体外に放出して、体温を調節しています。しかし、蒸し暑い夏には、この仕組みがうまく働かなくなり、からだに熱がたまりやすくなります。それによって、疲労、めまい、吐き気などの症状が起こるのが熱中症です。
2004年のデータでは、東京消防庁管内の熱中症で救急車によって搬送された人数は、気温が急激に高くなった7月上旬と、気温40度近くにもなった7月下旬がとくに多くなりました。



とくに気温が急に高くなる時期は、からだがその変化に追いつけずに熱中症を起こすことがあるので、要注意です。
熱中症は、治療する上で、大きく三つの病態に分けられます。




種類 重症度 主な原因 主な症状
熱けいれん 軽度
(T度)
塩分不足 足や腹部の筋肉が突っ張り、痛む
熱疲労 中等症(U度) 水分・塩分不足 疲労感・吐き気・めまい・顔面蒼白
熱射病 重度(V度) 体温上昇による中枢神経障害 発汗停止・40℃以上の高熱・意識混濁・意識不明・呼吸停止
熱けいれん
熱中症の中ではもっとも軽症で、汗と一緒に塩分が出ていき、からだが塩分不足になるために起こります。足やおなかの筋肉が突っ張り、強く痛みますが、痛みが治まると見逃すケースがあります。
熱中症患者の半数はこの症状ですが、重症に移行することもあるので、油断はできません。
熱疲労
熱けいれんよりやや思い中等症です。多量の汗をかいて、体内から水分と塩分の両方が失われるのが原因です。疲労感、吐き気、めまいなどが起こるほか、血圧が低下して、顔色が悪くなり、顔面蒼白になることがあります。
熱射病
最も重症で、暑さのために気温が上昇し、体温を調節する脳の働きが障害されます。体温が40度以上になるだけでなく、汗をかくことができないため、体内にますます熱がこもります。
意識が混濁したり、意識不明に陥ったり、呼吸が停止するといった、極めて危険な状態になります。死亡率もとても高く、助かったとしても記憶障害や平衡障害などの後遺症が残る可能性があるので、危険性を十分認識する必要があります。

 応急手当と予防法は?
熱中症の疑いがあるときには、救急車を呼ぶ前に、現場での応急処置も重要です。
前記の症状があるときは、まず風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内に移します。寝かせるときは、吐いたものがのどに詰まったり、肺や気管に入らないよう、顔を横向けにします。
一番大切なことは、からだを冷やして熱を逃がすことです。衣服を脱がせ、頚部、脇の下、足の内側の付け根など、皮膚直下に太い動脈が通っている部分に氷を当てて、血液を冷やすことで体温を下げます。次に冷たいスポーツドリンクで、水分と塩分を補給します。ただし、意識のない場合は、水分が肺や気管に入る危険性があるので注意してください。
予防方法としては、高温、多湿のときに外出や運動、作業をする場合は、適宜スポーツドリンクで水分、塩分を補給しましょう。また、日傘や帽子の着用を忘れないようにしましょう。
冷房の効いた室内にいることが多い人や、体調が悪い、睡眠不足といった状態の人、、体力のないお年寄りや、思春期前の小児は、熱中症になりやすいので注意してください。この時期は、お酒を飲んで暑い場所で寝ていると、寝ている間に汗をかいて、脱水症状になることもありますので、気をつけましょう。
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364