「メタボリックシンドロームは怖くない!」を紹介している健康ニュース2007年1月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2007年2月の健康ニュース

「セルライト」を撃退してすっきりボディ

2007年2月の健康ニュース

 セルライトって?
成人女性の8割以上にあるといわれているセルライト、肥満やホルモンバランスの変化、老化などによって、皮下脂肪とその周辺の組織が変性してできた、脂肪のブロックがその正体。お尻や太ももの裏などの皮膚がオレンジの皮のようにデコボコして見えたら要注意です(図1)





では、なぜセルライトができてしまうのでしょうか。それは皮下組織の代謝に関係があります。





図2で示したように、肥満が進むと細胞に酸素や栄養素を供給する血管や、老廃物や水分を排出しているリンパ管が、肥大化した脂肪細胞に押しつぶされ、流れが滞ってしまいます。すると、老廃物が溜まって脂肪細胞の変性や、周辺組織の線維化が起こり、デコボコになってしまうのです。
ホルモンや脂肪を分解する生理活性物質が届かず、「陸の孤島化」した脂肪細胞は、正常な代謝ができないためにやせにくくなり、また、放っておけば雪だるま式にどんどん大きくなる、とてもやっかいなものです。


 天敵を撃退しよう!
セルライトを撃退するには、たまりやすい部分の代謝をよくすることが重要です。とくに一番始めにつぶされてしまう、やわらかいリンパ管の流れをサラサラにすることに注目しましょう。リンパ管は血管でいう心臓のようなポンプがなく、主に筋肉の働きで流れています。
運動不足で筋肉を使わない生活をしていれば、自ずとリンパ液の流れが悪くなるのはいうまでもありません。日常生活の中で筋肉を使い、リンパの流れをよくすることが大切です。
ここに紹介したマッサージは、代謝のよいお風呂上りに行なうと効果的。皮膚をつまむことで細胞間にすき間ができ、一時的に血液とリンパ液の流れが復活するため、その繰り返しで代謝が行なわれるようになるのです。(図3)





また、外側からだけでなく、からだの内側から改善することも大切。とくにとりたい栄養素は、水分代謝を高めて塩分を体外に排出する働きのあるカリウムや、基礎代謝を高めるビタミンB群、たんぱく質、カプサイシンなど。食事からとるのが難しい場合は、サプリメントでとるのもよいでしょう。
そして、軟水を1日2リットル以上飲むように心がけましょう。水を飲んで腎臓が働けば、尿と一緒に余分な水分も排出されます。


ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364