「効果的なダイエット」を紹介している健康ニュース2007年4月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2007年4月の健康ニュース

効果的なダイエット

2007年4月の健康ニュース
「ダイエット」といえば体重を減らすことと思いがちですが、本当の目的は余分な身体の脂肪を落とすこと。体重だけでみるとやせているのに、筋肉が少なく体脂肪が多い、「隠れ肥満」の人が少なくないのです。
「○○を食べればやせられる」という簡単そうなダイエット法は、たとえ体重が減らせたとしても体脂肪が落ちず、筋肉や骨を減らしてしまう場合が多いようです。このようなダイエットは、引きしまったスタイルを形づくるづくる筋肉を減らすだけでなく、太りやすい体質にさえしてしまいます。

 美容にも悪影響!?
ダイエットを続けていると、気がつかないうちに骨までダイエットしてのいるかもしれません。思春期にダイエットを始めた人や、繰り返しダイエットした人は骨密度が低い傾向にあります。骨量や骨密度は低い傾向にあります。





骨量や骨密度が急激に増える思春期に無謀なダイエットをすると、カルシウムが十分骨に蓄積されないまま成長が終わるため、将来腰が曲がったり、背が低くなったり、骨折で寝たきりになる可能性が高まります。
また、無謀なダイエットは女性ホルモンの分泌を防げ、月経不順を引き起こします。女性ホルモンが減少するとお肌や髪は老化し、骨密度も減少し、美しいスタイルをたもてなくなってしまいます。


 効果的なダイエット法とは・・・
ダイエット中の食事はエネルギー摂取を抑えながらも、たんぱく質、ビタミン、ミネラル類などの栄養素は充足させなければなりません。中でも、余計な体脂肪を落とすための効果的なダイエット法として、日本人に不足しやすいカルシウムを十分とりましょう。





無謀なダイエットは心とからだに大きな負担をかけます。カルシウム不足のない、栄養バランスのとれた食事と運動を組み合わせて、美しく健康なからだづくりを心がけ、美しくやせましょう。
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364