「夏に向けて増えるとびひ・あせも」を紹介している健康ニュース2007年6月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2007年6月の健康ニュース

夏に向けて増える「とびひ・あせも」

2007年6月の健康ニュース
夏に向かって気温、温度が高くなり、紫外線も強くなると皮膚のトラブルが増えてきます。今月は、この季節によくみられる「とびひ」「あせも」についてです。

 「とびひ」の原因は?
皮膚の表面に細菌が付き、そこで増殖することにより生じる皮膚病で、伝染性膿痂疹といいます。症状が、離れた部位にも飛び火するように次々と広がることから、一般に「とびひ」と呼ばれています。
原因菌には、黄色ブドウ状球菌によるものが圧倒的に多く、小さな水ぶくれが突然現れ、(水疱性膿痂疹)、容易に破れてびらんを生じるようになりますが、発熱などの全身の症状はほとんど見られません。乾燥して治っていき、跡形なく消えて行きます。
溶血性連鎖球菌によるものは、痂皮性膿痂疹と呼ばれ、初めから発赤などの症状が強く、厚いかさぶた(痂皮)ができ、発熱やリンパ節が腫れることがあります。












 「掻き壊し」は禁物
とびひは、ほとんどが小児に生じ、多くは擦り傷、虫さされ、湿疹などを掻き壊しているうちに発症します。予防には、入浴で皮膚の清潔を保ち、爪を短く切ること、汚れた手で掻き壊さないようにすることが大切です。
治療には、主に抗生剤の塗り薬を用いますが、広がって行くようなら、抗生剤の内服薬も併用します。かゆみを伴うときは、かゆみ止めとして抗ヒスタミン剤を内服することもあります。
また、菌の種類によっては抗生剤の効果が見られないことがありますので、その場合には、菌の種類を確認して、有効な薬を用います。


 「あせも」にも種類が
暑くなると汗がたくさん出てきます。何らかの原因で汗の分泌が妨げられると、皮膚の中に汗が漏れ出し、あせも(汗疹)jが生じます。子供は、汗腺が大人より密に分布しており、汗の異常が起こりやすいのです。
皮膚の角質内で汗の出口が塞がれると、点状ないし米粒大の透明な小水疱が多数出現します。これを水晶様汗疹といいます。急に多量の汗をかいたおりや、高熱が出る病気にかかったときに生じます。かゆみなどはなく、数日で乾燥、治癒するために、治療の必要はありません。
表皮内で汗管が塞がった場合は、紅色汗疹といわれる症状になります。通常のあせもはこの状態を指し、点状ないし米粒大の、痛がゆい赤い丘疹が多発します。発汗の多い乳幼児によくみられ、ここに細菌が感染すると、あせものより(汗腺膿瘍)と呼ばれる症状になります。







 あせもの予防策は?
あせもは、暑くなる6月から9月に多く、気温の上昇や厚着などが誘因になりますので、できるだけ涼しい環境ですごすこと、通気性の良い衣類を身に着けること、汗をかいたらシャワー浴で皮膚の清潔を保つことが大切です。からだを洗う時や拭くときは、こすらないように気をつけましょう。
治療では、炎症を抑えるためにステロイド外用薬などを、またかゆみが強い場合は、抗ヒスタミン薬を用いることもあります。掻いたりして化膿することがありますので、軽視せず、早めに手当てをしましょう。
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364