膝痛/を紹介している健康ニュース2007年9月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2007年9月の健康ニュース

膝痛

2007年9月の健康ニュース

中高年の女性、早めに対応・悪化防止を!

 齢のせいか膝が痛みますが?
膝痛の原因を発症までの期間で急性、亜急性、慢性に分けますと、けが(外傷)や、ばい菌による感染では急性あるいは亜急性に発症します。ばい菌による化膿性膝関節炎は、全身倦怠感や発熱を伴って、膝関節が赤くなり(発赤)、熱を持ち(熱感)、腫れ(腫脹)や激痛を生じます。
一方、徐々に膝関節痛が出現する慢性の疾患では変形性膝関節症や関節リウマチが代表的です。
そのうち、変形性膝関節症は整形外科診療でもっとも多い疾患の一つで、日本では症状のある方が、1000万人に及ぶと推定されています。


 その変形性膝関節症とはどんな病気ですか?
膝関節は大腿骨(ももの骨)、脛骨(すねの骨)、膝蓋骨(お皿)と関節軟骨や半月板、靭帯などでできていて(図1)、体重を支え、起立や歩行、走るなどの運動の際、荷重を伝達して衝撃を吸収するなど重要な役割を果たしています。
しかし、齢をとるとともに関節軟骨がすり減り関節包に炎症が生じて、疼痛や関節水症(水がたまる)を生じます。これが変形性膝関節症です。膝関節を酷使する長時間のたち仕事や、正座をしなければならない職業の方や、O脚傾向の方、肥満、高齢者の方に多く発症します。







 放っておくと、どうなるのでしょう?
進行すると関節軟骨はさらにすり減り、半月版も断裂し、やがて骨も壊れ膝は変形し(図2)、関節が動きにくくなり、疼痛と関節水症がひどくなります。
座位、階段昇降、しゃがみ込み動作、正座が困難となり、末期ではじっとしていても膝の疼痛が生じます。







 予防のために心がけるべきことはありますか?
関節への負担を減らす意味で減量は重要です。杖をつくのも負担軽減に有効です。その際には、膝の痛みのないほうにつきます。
また日常生活では関節に負担のかかる動作、例えば正座、坂道歩行、階段昇降、長時間歩行を避け、トイレは和式ではなく洋式をおすすめします。
さらに進行を防ぐためには、大腿四頭筋の筋力訓練(図3)は重要です。運動療法は、なるべく膝関節に負荷のかからない温水プールでの歩行や、自転車こぎ(お皿の痛くないほう)などを行います。
いずれにしても、早期に発見して適切な生活指導や治療を受けることが大事です。








ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364