骨の質にも注目を/を紹介している健康ニュース2008年6月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2008年6月の健康ニュース

骨の質にも注目を

2008年6月の健康ニュース

コラーゲンも大切

 皮膚だけでなく骨にもコラーゲンは重要
「骨の成分」といえばカルシウムと誰でもが考えますが、カルシウムは骨の体積の半分程度で、残りはこのコラーゲンなのです。骨を建物に例えると、カルシウムなどのミネラルがコンクリートで、コラーゲンが鉄筋にあたります。
コラーゲンは、皮膚や血管、骨などほとんどの組織に存在する線維状のたんぱく質で、からだを構成する全たんぱく質の約30%を占めています。
コラーゲンは3本の細長いポリペプチド鎖がしめ縄のようにより合わされた構造をしています(図1)。3本がそれぞれ遺伝子の情報に基づいて生まれ、寄り集まっているのです。







1本のポリペプチド鎖は、重に線維芽細胞(皮膚)、軟骨細胞(軟骨)、骨芽細胞(骨)の中でプロα鎖として合成され、細胞の外に出ます(プロコラーゲン)。そして、細胞の外で、末端の数個のアミノ酸が切断され、コラーゲン細線維というものになります。
これが、集まってしめ縄のような状態となり、全体としてコラーゲン線維という、大きなバンドのような形状になるのです。


 コラーゲンが骨の強さとどう関係するか
コラーゲン線維がからだの各部分で役目を果たすためには、分子が集合して線維をつくっただけでは強度的に不十分。そこで、コラーゲン分子間に橋かけがおこなわれます。これを「架橋」といいます。
コラーゲンはもともとその細線維の形状を利用して、自然な形で橋が架かる性質を持っています。こうやって橋を架けあって、線維を張り巡らせたところに水分などを抱え込んで、保持するわけです。
この架橋には、秩序正しく分子をつなぎとめ、適度な弾力を保ちながら骨を強くするよう働くタイプと、逆に無秩序に分子がつながり、骨を過剰に硬くして陶器のようにもろくしてしまうタイプがあります。
前者を「善玉架橋」、後者を「悪玉架橋(老化架橋)」と呼んでいます。


 骨を強くするには具体的にどうすれば良いか
骨折を起こす人の、尿中・血中の架橋物質を調べてみると、悪玉架橋が多いことが分かります。そうした人の共通した特徴として、血中にアミノ酸の1種「ホモシステイン」という物質が多く、ビタミンB6が少ない点があげられます。
ですから、骨を強くするには、コラーゲンのなかの悪玉架橋を減らし、善玉架橋を増やすこと、そのためには、血中のホモシステインを減らすことが重要で、ビタミンB6やB12、葉酸の摂取が効果的であることがわかってきました。


 善玉のコラーゲンを増やすにはどうしたら良いか
ビタミンB6やB12、葉酸を多く含む食品をとることが何よりです。食品でとるのが難しいようであれば、そうしたサプリメントを活用しても良いでしょう。
ホモシステインを下げるために、ビタミンB6は必須です。また、ビタミンCは、未熟なコラーゲンが成熟したコラーゲンに組み立てられる過程で、橋渡しの役割をしますので、一緒にとるようにしましょう。
骨を強くする、骨折を予防するということはからだ全体の生活習慣病予防になることを意識しておくと良いでしょう。






ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364