年々増える白髪/を紹介している健康ニュース2008年9月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2008年9月の健康ニュース

年々増える白髪

2008年9月の健康ニュース

 白髪はなぜ生える?
齢をとるにつれ増えてくる白髪。30〜50代女性の髪の悩みではトップクラスといわれるほど。白髪がまったく気にならない、という人は少ないでしょう。
毛髪は毛根でつくられます。毛根には毛母細胞があり、その中に色素の元となる色素細胞があります。毛髪の色はこの色素細胞がつくるメラニンの量によって変わり、量が多いほど黒色が強くなります。(図1)






しかし、加齢やストレスなどの影響からメラノサイトの働きが衰えるとメラニン色素ができにくくなり、毛髪は次第に白くなります。メラニン色素がなくなり、一度白髪になった毛髪は、重症円形脱毛症の回復期をのぞけばもう元には戻りません。
では、白髪になってしまったらどうすれば良いのでしょうか。


 白髪になってしまったら
一つの方法としては、「染髪」があります。最近では自宅でも手軽にできますし、ヘアサロンでは、色味の微調整やトリートメントなどのサービスを受けられるメリットがあります。しかし、白髪染めには思わぬ落とし穴もあります。
それは、ヘアカラー剤に含まれている合成の染料により、アレルギー反応が出てしまう人が少なくないことです。これはヘアカラーによく使われている「ジアミン系」の色素によるもので、ひどい場合には、頭皮だけでなく、湿疹の症状が全身におよぶケースもあります。
白髪染めをしてから1週間後までに頭皮や耳の後ろ、首などが赤く腫れたり、かゆくなるようなら、アレルギーの疑いがあります。
また、白髪染めには目的に応じた種類があります(図2)。通常、髪は弱酸性ですが、染めるとアルカリ性に傾いて、髪をいためてしまいます。カラーリング用のシャンプーやリンス、トリートメント剤を使って、しっかりアフターケアをしましょう。





白髪を「みっともない」「恥ずかしい」と感じる人もいるとは思いますが、人生を生きてきた一つの勲章・誇りともいえるのではないでしょうか。髪型を変えてみるのも一つの方法です。なだらかな段を入れるなどして、白髪が目立ちにくい髪型に工夫してみるのもよいでしょう。
また、予防対策として頭皮のマッサージも有効です。マッサージをすることにより、ストレス解消や血流の改善効果も期待できます。
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364