バテないからだで夏を乗り切ろう!/を紹介している健康ニュース2010年8月号です。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 健康ニュース >2010年8月の健康ニュース

バテないからだで夏を乗り切ろう!

2010年7月の健康ニュース

 夏を元気に楽しく過ごすためのポイント
現代では、夏は冷房を利用することが普通になっており、多くの時間を快適な環境の中で過ごしているといっても過言ではありません。
しかし、このような環境の中にいると、からだの体温調節機能が鈍り、夏の暑さに順応する力が弱くなっていきます。
また、暑いときはあっさりした食事になりがちで、そのため、必要な栄養素が不足すると、疲労もうまく回復できず、だるい、疲れやすい、一晩寝ても疲れがとれない、などのさまざまな不調が起きてきます。
ですから、夏を元気に過ごすには、「からだが暑さに順応できる」ことと、「栄養バランスのよい食事をとる」ことが2大ポイントになります。

 ポイントは汗にあり
汗は、体温が上がり過ぎないように、からだの表面から気化熱として奪って下げてくれる、とても重要な役割を担っています。
それが、1年中同じような気温の中で生活をしていると、汗腺の機能が鈍り、暑さにも弱くなってしまいます。真夏の暑さに負けないためには、真夏になる前から徐々に暑さに慣れていくことが必要です。
鈍った汗腺を目覚めさせ、体温調節機能を十分に働かせるためには、暑さの中で汗をかく機会を多くすることです。中でも運動は効果的です。ウォーキングやジョギングなど、一定時間以上からだを動かして汗をかくようなもので、無理なくできることを続けましょう。
ただし、炎天下の中での運動は、熱中症を引き起こす原因になりますので、昼間の気温が高い時間帯は避けるようにしましょう。
また、汗はこまめにふきとりましょう。皮膚表面を覆うような細かい汗は、効率よく気化熱を奪い、体温を下げてくれます。しかし、玉のように大粒のダラダラかく汗では、気化熱を奪う効率は悪くなってしまいます。
そして、水分補給をこまめに行うこと。汗と一緒にナトリウムなどのミネラルも流れ出てしまうので、それらを補えるスポーツドリンクなどを利用すると良いでしょう。

 胃腸障害にも要注意
涼しい屋内と気温の高い屋外への出入り際の急激な温度変化は、自律神経のバランスを乱し、内臓の不調も引き起こします。
また、夏場は食欲が低下して、食事が冷たいものや、あっさりしたものになりがちです。これでは、夏を乗り切る栄養素が十分にとれません。また、ミネラルは汗からも失われるので、それらも意識して、普段以上にバランスの良い食事を心がけましょう。
例えば、食欲増進の工夫としては、そうめんを食べるときには、ネギやしょうが、みょうがなどの薬味や香辛料をたっぷり使うとか、この時期食べやすいたんぱく源として、枝豆や冷奴などをサイドメニューとして欠かさないようにすると良いでしょう。
また、ビタミンB1をはじめB群が不足すると、体内でエネルギーをうまくつくり出せなくなります。ビタミンB1が豊富な食材の代表が豚肉。ゆでて夏野菜や旬の野菜などと一緒に混ぜて冷しゃぶサラダにし、お好みのドレッシングを利用すれば、この時期でも食べやすいでしょう。
また、キンキンに冷えた飲み物や食べ物は胃腸を冷やし、血流を悪くして胃腸の機能を低下させてしまいます。消化酵素なども十分に分泌されなくなり、消化不良を起こすことがあります。長引くと、栄養素の吸収がうまくできず、体力は低下していきます。冷たいものの摂りすぎには気をつけましょう。
いろいろと工夫しても食欲がないときや、栄養バランスの偏りが気になるときは、保健薬や栄養ドリンク剤で補うのもよいでしょう。とくに、ビタミンB群を含むもの、また、消化を助けてくれる成分が配合されたものなどを、自身の体調に合わせて選ぶとよいでしょう。
夏の疲れは万病のもと。夏かぜなどにもかかりやすくなるので、早めの対策を。

 高齢者は熱中症に注意
熱中症は炎天下で起こるものと思いがちですが、実は室内でも多く起こっています。そして、その中の高齢者の割合も少なくありません。
高齢者はもともとからだの中の水分が少ないので、脱水症状が起きやすい状態にあり、のどが渇くという感覚が鈍っていたり、体温調節機能も衰えてきているので、熱中症がおきやすいのです。
対策は、のどが渇いていなくてもお茶や水を飲むなど、こまめに水分をとることです。ただ、食事でも味噌汁やスープなどで水分はとっているので、量のバランスを考えながら水分を補給すると良いでしょう。
ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364