役立たずの雑学では、健康や医療に関する様々な話題を雑学形式でご紹介しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 役立たずの雑学 > 役立たずの雑学Vol.1「633ml」

役立たずの雑学 Vol.1「633ml」

何とも中途半端な数字ですが、これはご存知ビールの大びんの容量です。 日本では昔から大びんといえば4合(720mlびん)のことを指しましたが、実際には会社や工場によってまちまちで、633mlから642mlまで各種ありました。 ところが、1944年(昭和19年)の酒税法改正に伴いビールびん1本の内容量を統一しなくてはならなくなり、そこで各社のうち最も少ない容量のものに合わせた結果、633mlとなったのです。 なお、学校の6・3・3制を卒業して大学生になったら飲むということで633mlという説は間違いです。何よりもビールはお酒ですので未成年者は飲めません(笑)。

国別一人当たりのビール消費量のグラフ

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364