役立たずの雑学では、健康や医療に関する様々な話題を雑学形式でご紹介しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 役立たずの雑学 > 役立たずの雑学 Vol.15 103倍  

役立たずの雑学 Vol.15 103倍  

緑黄色野菜を多く食べる人は、ガンにかかりにくいことがわかっています。これは、緑黄色野菜に含まれるカルテノイドという色素の抗酸化作用によるものです。
その主役はニンジンなどに含まれるβ−カロチンとされてきましたが、最近の研究でトマトなどに含まれるリコペンの方が効果が高いことがわかってきました。
抗酸化作用というのは、遺伝子や細胞にダメージを与えてガンの危険性を高める活性酸素の働きを抑えることです。
リコペンの持つ抗酸化力は、昔からカラダのサビを防ぐといわれるビタミンEの103倍もあります。真っ赤なトマトをおいしく食べて、もっと健康になりましょう。

<抗酸化力の比較> ※ビタミンEを1とした場合

トースター

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364