役立たずの雑学では、健康や医療に関する様々な話題を雑学形式でご紹介しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 役立たずの雑学 > 役立たずの雑学 Vol.18 赤色  

役立たずの雑学 Vol.18 赤色 

お酒を飲んで顔が赤くなるのは、アセトアルデヒドが皮膚近くの血管を拡張させるからです。
すぐに顔が赤くなる人はアルコールの分解速度が遅いため、血液中にアセトアルデヒドが長くとどまるのが原因です。
これは体内にある酵素の働きによるもので本人の責任ではありません。
これとは別に、興奮や恥じらいを感じるときにも肌の毛細血管が広がり顔が赤くなります。
これは交感神経の刺激によるものですが、欧米では純粋な心の表現と肯定的にとらえられます。
しかし、日本では「赤面恐怖症」などと呼ばれ否定的に見られています。
別に悪いことではないのに、これも国民性のひとつなのでしょうか。 

トースター

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364