役立たずの雑学では、健康や医療に関する様々な話題を雑学形式でご紹介しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 役立たずの雑学 > 役立たずの雑学 Vol.26 暗赤色   

役立たずの雑学 Vol.26 暗赤色 

手のひらの親指や小指のつけ根のふっくらとした部分が少し暗めの赤みを帯びていると慢性の肝臓障害が疑われます。
これはお酒の飲みすぎや過労で肝臓がダメージを受けることでエストロゲンというホルモンが多く分泌され、それによって毛細血管が拡張することで起こります。
この他にお酒の飲み過ぎによる変化は、鼻の頭が赤くなったり、もっと肝臓が悪くなると血管がクモ状になって体表に現れます。
いづれにせよすぐにお酒を控えることをおすすめします。
なお、お酒を飲んですぐに赤くなるのは自律神経の作用によるもので、この手のひらの暗赤色とはメカニズムが全く異なります。 

トースター

ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364