病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 クレアチニン

クレアチニン

正常値
男性:0.5〜1.2mg/dl
女性:0.4〜0.9mg/dl


検査の目的は?


筋肉のエネルギー源となるクレアチニンリン酸の代謝物であるクレアチニンの血中濃度は、体の筋肉量に比例し、体重あたりほぼ一定です。
腎臓機能が低下して、尿への排泄が不十分になると上昇するので、腎機能検査に用います。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、糸球体腎炎、腎不全、うっ血性心不全、脱水症、火傷などです。
低いときは、尿崩症、妊娠、筋萎縮病態などです。


検査での注意点は?


BUN(同じ血液生化学検査の項目です)に比べて、腎以外の因子の影響は受けにくいです。
BUN/クレアチニン比は、正常では10:1で、BUNがこれ以上上昇する場合は腎以外に、低下する場合は腎に原因があります。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364