病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 総ビリルビン

総ビリルビン

正常値は、0.2〜1.3mg/dlです。


検査の目的は?


肝細胞が障害されたり、胆汁の流れに障害があると、血液中のビリルビン濃度が上昇します。
肝臓の障害や胆汁の流れの障害がないかどうかの検査に用いられます。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、急性肝炎、劇症肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がん、体質性黄疸、胆石症、胆のうがん、胆管がん、胆道閉塞などが疑われます。


検査での注意点は?


ビリルビンには、抱合型(直接型)ビリルビンと非抱合型(間接型)ビリルビンの2種類があり、総ビリルビンは両方合わせたものです。
肝障害や胆汁の流れがさまたげられる場合は抱合型ビリルビンが高い値になり、溶血(赤血球がこわれること)やジルベール症候群(体質性黄疸の一種)では非抱合型ビリルビンが高い値になります。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364