病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 総コレステロール

総コレステロール

正常値は、140〜220mg/dlです。


検査の目的は?


血清中に含まれる脂質の一種で、その濃度が高いと動脈硬化が促進されます。
動脈硬化の予防のために検査します。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、高脂血症、糖尿病、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、肥満などが考えられます。
低いときは、肝硬変、甲状腺機能亢進症などが疑われます。


検査での注意点は?


動脈硬化の主な危険因子は、年齢、素因、喫煙、高コレステロール血症、高血圧、肥満、糖尿病です。
血清総コレステロールの適正値は、危険因子が1つ以下の場合は220mg/dl未満、2つ以上の場合は200mg/dl未満、冠動脈疾患がある場合は180mg/dl未満と、危険因子の有無によって変わります。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364