病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 ALP  (アルカリホスファターゼ)

ALP  (アルカリホスファターゼ)

正常値は、95〜305IU/lです。


検査の目的は?


細胞膜に存在する酵素です。
骨や肝・胆道系に病気があると高い値となるので、これらの病気の検出に用いられます。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、胆汁性肝硬変、肝がん、閉塞性黄疸、骨軟化症、ページェット病、副甲状腺機能亢進症、転移性骨腫瘍などが疑われます。


検査での注意点は?


成長期には成人の5倍ぐらいまで値が上昇します。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364