病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 カリウム  (K)

カリウム  (K)

正常値は、3.5〜5.0mEq/lです。


検査の目的は?


細胞の機能、とくに心筋の細胞の機能に大きく影響するもので、その血中濃度は一定に保たれ、過剰なカリウムは腎から排泄されます。
高い値の場合はほとんど腎に障害があります。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、急性腎不全、慢性腎不全、アジソン病、低アルドステロン症、代謝性アシドーシス、薬物の影響などが考えられます。
低いときは、嘔吐、下痢、代謝性アルカローシス、原発性アルドステロン症、薬物の影響などが考えられます。


検査での注意点は?


検査のとき、溶血すると見かけ上高い値になります。
ナトリウムとともに、カリウム濃度の異常はからだの機能に大きな影響をおよぼします。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364