病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 トリヨードサイロニン  (T3)

トリヨードサイロニン  (T3)

正常値
総トリヨードサイロニン:80〜180ng/dl
遊離トリヨードサイロニン:0.2〜0.6ng/dl


検査の目的は?


トリヨードサイロニンは、甲状腺から分泌されるホルモンの1つです。
主として細胞内でサイロキシンからヨードがとれて、より機能の強いトリヨードサイロニンができます。
甲状腺機能の変化に応じてその血中濃度が変化するので、甲状腺機能の異常を調べる目的で検査します。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、バセドウ病、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎などが疑われます。
低いときは、橋本病、甲状腺機能低下症、低栄養、肝障害などが疑われます。


検査での注意点は?


血中のトリヨードサイロニン(トリヨードチロニン)には、タンパク質と結合しているものと、ごく微量の結合していない遊離状態のもの(遊離トリヨードサイロニン)とがあり、遊離トリヨードサイロニンがホルモンとしてのはたらきをします。
結合しているタンパク質が異常なため血中総トリヨードサイロニン濃度は高値となりますが、甲状腺機能は正常な場合があります。
最近では、遊離トリヨードサイロニンが測定されるようになりました。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364