病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 血小板数

血小板数

正常値は、10×10000〜40×10000/mm³です。


検査の目的は?


血小板は、血液の凝固や止血の役割をもっています。
減少すると出血傾向が現れ、極端に増加すると血栓ができます。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、多血症、原発性血小板血症、骨髄線維症などが疑われます。
低いときは、薬剤による骨髄の低形成、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病、肝硬変、脾腫をともなう血液疾患、DIC(播種性血管内凝固)などが疑われます。


検査での注意点は?


検査時に血小板が凝集して、見かけ上減少しているようにみえることがあります。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364