病院での検査表の見方を項目別にご説明しています。
ファミリー薬局
現在位置:ホーム > 検査表の見方 > 検査値の見方 AFP  (α-フェトプロテイン)

AFP  (α-フェトプロテイン)

正常値は、0.5〜10.0ng/mlです。


検査の目的は? 


AFPは、胎児期に肝臓でつくられる血清タンパクで、生後はつくられません。
肝がんの早期発見の補助として、また妊婦では胎児の発育異常の監視のために検査します。


どんな病気が疑われるの?


高いときは、肝細胞がん、慢性肝炎、肝硬変、ヨークサック腫瘍、AFP産生腫瘍、妊娠などが考えられます。


検査での注意点は?


肝細胞がんのおおよそ80%で高い値になります。
他のがんで高い値になることはまれです。
妊婦では、胎児に異常があると、妊娠週齢から予想される値より高値または低値になることがあります。



ウェブサイト運営者・著作権者:ファミリー薬局
〒579-8058 大阪府東大阪市神田町15番6号
TEL 0729-85-3364 / FAX 0729-85-3364